うちのももんが

アメリカモモンガきょろみにファミリーの飼育日記

色々悩み中・・・

先月発売のきょろみにファミリーが掲載された本「モモンガ飼いになる」の中で、
手芸レシピが紹介されているキノコハウスを編集担当者さんから頂いちゃいました
モモンガ飼いになるのキノコ


撮影用に作った物なので元のサイズより大きいという事でしたが、
遊ぶにはちょうど良さそうです


早速チェック中のちょびたん
chobi230.jpg


ケガをしてから飼い主の後追いをするようになったり、
大分警戒心が和らいだちょびたんですが、
最近はますますくっついて来るようになって嬉しいなぁと思っていた矢先・・・


最初はプラケージに付けていた給水器が水漏れをしていて、
給水器の下がぐしょぐしょになっていたので、
違う給水器を買い足したり、設置方法を変えてみたり、トイレ砂を置いてみたりしてました。
chobi231.jpg


ごはんはいっぱい食べてるし、元気だったので少し様子を見ながら、
chobi232.jpg


その後通気性が悪いプラケージから背の低いケージに変えてみたり、
chobi233.jpg


おうちも通気性の良い物にしましたが、
chobi234.jpg


おうちの中もぐしょぐしょになってカビが発生
chobi235.jpg


そして、お水の減りが早いのは、
ちょびたんが頻繁にお水を飲みに行ってるからという事に気付きました。


こぼれてる分もあったけどいっぱい飲んでもいたようで、
おしっこの量も増えておうちの中でも出ちゃってたみたいです。


これはおかしいと思って体重を量ったらかなり減っていました。


多飲多尿、体重減少と言えば・・・


次の日、動物病院に連れて行ったところ、やっぱり糖尿病でした。


糖尿病と言えば生活習慣病というイメージが強いですよね?


片腕を失ってから高さのないプラケージでの生活になって運動量が低下したから?とか、
甘い物はドライフルーツか生のフルーツを週に1回くらいと、
2~3ヶ月に1回体重測定の時だけスタミノールを少量あげるくらいだったけど、
それでもあげ過ぎだったのか?とか思って獣医さんに聞いてみたら、
ちょびたんの場合はそういうことではなくて遺伝とか体質とかが原因らしいです。


人間で言うと1型糖尿病という事なのかな?
とっさに他のみんなは大丈夫か心配になりました。


アメモモちゃんの場合は症例が少なく、今通院してる病院では血液検査も出来ないし、
インスリン注射も打てないとのこと。


お水と一緒に血糖降下剤を飲ませながら甘い物を止めて様子を見ることになりましたが、
これから先が心配です。


遠くてもエキゾチックアニマル専門の病院に行った方が良いのかな?


他のみんなの事も考えて、ごはんも根本から見直した方が良いかも。


色々悩み中です・・・

 

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

暫くの間、コメント欄を閉じることにしました。
ご用の方はメールフォームか拍手コメントをご利用下さい

コメント

糖尿病かぁ・・・それは心配だよね。
私だったら一度、専門の病院に行くかな~
糖尿だけじゃなく腎臓の場合もあるから。

キノコのおうち かわいいですね〜
わんこちゃん用の ハウスにも こういう形状のものが あるのですが
のんさま は 絶対 使ってくれないので 憧れちゃうなぁ。
以前 ハムちゃんを プラケージで 飼ってましたが
確かに 通気性という点 では ちょいと 考えもの だった かなぁ。
うちは ジャンガリアンっていう 小型の子 だったので
あみあみだと あんよや お手手を はさんだりな
おケガの可能性が あるっていうので 避けたのですが…
確かに わんちゃん ねこちゃんに 比べると
しっかり 診ていただける 病院てのが まだまだ 少ないですよね。
ゴハンの ことも アドバイス していただけると ありがたいですね

キノコハウス可愛いですね(^-^)
実際に遊んでくれたんですね♪

ちょびたん、糖尿病だったのですね。
人間でも遺伝ってありますもんね(´・ω・`)
猫さんだと一瞬腎臓病かと思ったのですが・・・。
今の病院だと対処療法しかない感じですね。
モモンガちゃん、専門のお医者様があれば診て貰えるのが
一番なんでしょうけど・・・。

小さい子達って、手術等にしても薬にしてもリスクが高い
のも悩みですよね。
出来る限りの事もしてあげたい反面、ちょびたんの身体への
負担やストレス等を考えると頭抱えちゃいますね(´・ω・`)
出来れば食事療法等で自然に過ごせるのが良いのかな・・・。

モモンガさんが
ちょびたんちゃんが糖尿病ですって!?
かかるんですね・・・知らなかったわ
遺伝とか体質もあるんですね
これから治療はもとより食生活なんかがたいへんでしょうけど
どうぞ、かわいいお子たちのためにもがんばってあげてくださいね

キノコのベッド、かわいいなあって思いました
プレゼントだったんですね^^
たん吾もこうゆうベッドは好きですよ
でも、頭ぐらい?や、頭も入らないでしょう^^

じゃ、どうぞおだいじにね☆

mifaさん、こんばんは★

先日はコメントありがとうございます。
なかなか体調が戻らないのですが、今日は体調は少しいいです♪

人間だけでなく、こんなにちっちゃいももんがちゃん達にも糖尿病ってあるんですね。。
やっぱり食事とか気をつけてあげないといけないんでしょうか。。
人間の糖尿病って大変ですよね。きっとももんがちゃんも同じ何でしょうね・・。
お大事に・・(>_<)

こんばんは、mifaさん。

糖尿病ですか。。。
ん、大分怪我から立ち直って来た感じなんですけどね。

そうですね。
でも、きちんと変化や病気に気づけたのは、
良かったのでしょうね。
色々としてあげることが出来ます。

やはり、モモンガちゃんなので不明な部分があるので、
一度、詳しい所で見てもらうのも良いのでしょうね。

ちょびたんはどこか痛かったりするのかな?
ファイト。

★ 皆様へ♪

コメントありがとうございます<(_ _)>

皆様からコメントいただいて、あれからたくさん考えました。
まだ色々考えてる途中ではありますが、今の病院にもう一度行ってみて、
お薬を増量しても何も変わらないようなら、
エキゾチック専門の病院に行ってみようと思います。
今よりもっと良い治療法があるかも知れないですものね!
そしたらまたブログでご報告しますね(⌒∇⌒)

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

profile_kyoro2.jpg

きょろたん

2008年3月生まれ

2008年6月15日に家族になりました

 

みにたん

2008年8月中旬生まれ

2008年11月1日に家族になりました

 

きょろたんみにたんの子供達♪

2009年10月9日生まれの双子

ちょろたん

ちょびたん

2015年6月26日、虹の橋へ

 

2010年8月22日生まれの双子

のんたん

みこたん

 

mifa♀:飼い主&管理人

 

メールはこちら

 

☆当ブログに掲載されている画像等の無断転載・転用・二次配布は一切禁止します。

Instagram
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

最近の記事+コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
お友達リンク
掲載されました

モモンガ飼いになる

<誠文堂新光社>

 

女性セブンvol.36(2014/10/2号)

<小学館>

女性セブン2014vol.36(10月2日号)

 

ザ・モモンガ<誠文堂新光社>

お気に入りアイテム

【使用中のアイテム】

コーナーハウス

 

ココハウス

 

小動物用アリメペット

 

栄養補給ペースト

「スタミノール」

 

【使用中のケージ】

 

 

【使用中の蚊帳】

 


 

【使用中のカメラ等】

Nikon D7200

 

TAMRON SP AF17-50mm

F/2.8 XR DiⅡ VC

 

TAMRON SP AF18-270mm

F/3.5-6.3 DiⅡ VC PZD

 

TAMRON SP AF60mm

F/2 DiⅡ MACRO 1:1

 

AF-S DX NIKKOR

35mm F1.8G

 

SUNPAK PZ42X

 

カメラバッグ

 

 


 

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

C-Checker