うちのももんが

アメリカモモンガきょろみにファミリーの飼育日記

ちょびたん、虹の橋へ・・・

6/15は、きょろたんお迎え記念日&ブログ開設7周年でしたが、
すっかり記事にするのを忘れてました~


次こそは記事にするぞ~って思っていた矢先・・・


6/26早朝、ちょびたんが虹の橋へ旅立ってしまいました。
chobi248.jpg


いつもはごはんの準備をしていると、
まだかなまだかな~ってケージの中で飼い主の後追いをしながらそわそわしてて、
ごはんをあげるとすぐにおやつの方から食べ始めていたんです。


6/24はごはんをあげた時間におやつを食べていたのを見ていて、
ちょっと元気ないかなって感じでしたが、今までにもあったことだったし、
今まで通り少し様子をみようと思っていました。


でも、6/25はおうちから全然出て来なかったので、
心配になっておうちからちょびたんを出してみるともう歩けないくらいの状態で・・・


お薬のせいで低血糖になってるのかと思って、急いで処方して貰ったオリゴ糖を飲ませたり、
フルーツをあげてみたりしましたが、全然受け付けてくれません。


夜も遅かったし、救急病院では診て貰えないことを腕のケガの時に分かっていたので、
明日朝一で病院に行こうと思って、お願いだからもう少し頑張ってねって
言ってから寝たんですが、朝にはもう硬くなっていました。


きっと飼い主が寝てすぐくらいに旅立ったんだろうなと思います。


それならずっと一緒にいてあげたかった・・・


一人で逝かせちゃってごめんね。


ちょびたんを抱いてわんわん泣いて、一日中泣いて泣いてすっかり体調を崩し、
6/27はほぼ寝たきり。


6/28は演奏会本番だったのでどうなることかと思いましたが、
いっぱい寝たおかげで何とか乗り切ることが出来ました。


そして夜、みんなにちょびたんの亡骸を見せてお別れをしてもらおうとしたら、
ごはんを食べるのに忙しいみたいであんまり見て貰えなかったけど、
ちょろたんだけはちょびたんをじーっと見ていたんです。


双子だからか、何か感じるものがあったのかな?


で、昨日・・・
chobi249.jpg


ちょびたんは骨になってしまいました。


遺影の写真、やっぱりちょびたんと言えばこの写真だよね。
chorochobi44.jpg


ちょっと首を傾げて立ち食いする姿がとっても特徴的でした。


毛並みがもふもふで触り心地が良さそうだったけど、
警戒心が強くてちっとも触らせてくれなかったね。


ケガした時は病院に行くまで一晩よく頑張ったね。
手術もよく耐えてくれたね。


右手が無くても一生懸命生きる姿にいっぱい励まされたよ。


この記事を書きながらも涙が止まらないけど、
飼い主が泣いてばかりいたら、雨降り地区から出られなくて虹の橋へ行けないよね。


早く虹の橋に行けるように頑張るからね。


虹の橋ではきっと両手を広げて滑空出来るんだろうなぁ・・・
病気のせいであげられなかった甘いフルーツも好きなだけ食べてね。


ちょびたんが生まれたあの日、感動と興奮で眠れなかったんだよ。


生まれて来てくれてありがとう。
baby26.jpg


5年9ヶ月、あっという間だったけど、とっても楽しかったな・・・


ホントにホントにありがとう。


いつまでも大好きだよ、ちょびたん

 

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

暫くの間、コメント欄を閉じることにしました。
ご用の方はメールフォームか拍手コメントをご利用下さい

コメント

思いっきり泣いてしまった
手を怪我して、片手でも必死に生きて頑張ってたのに
こんな小さな身体でも1つの命
ちょびちゃん
安らかに。

職場で携帯から記事を読んで思わずコメントします。
びっくりしました。
ケガをしてもがんばってたちょびたん。
今は元気にきっと滑空してるんでしょうね。
安らかに。。
mifaさんも、今は悲しくて辛いと思いますけど、どうぞお力落としのないように。。

ちょびたんのご冥福を心からお祈りいたします

小さな体で大きな怪我にも耐えてずっと頑張ってきたちょびたん
これからはお空で思い切り飛び回ってね
生まれ変わるときは迷わずまたみふぁさんの所に産まれてくるんだよ~

こんばんは、mifaさん。

ちょびたん。。。
寂しいです。
ホントに寂しいです。
ブログへのコメントをみて飛んできました。

僕はブログをはじめて、
毎日ブロ友のさんの家の子たちの姿に癒されて。

ちょびたん、そっか。。。
コメントを書きながら、どうしても涙が溢れてきちゃいます。

でも、頑張りましたよね。
大きな怪我をして。
病気とも闘って。
精一杯、生きたのですよね。
生まれてきてくれてありがとう。
本当にその通りだと思います。

寂しいな。
きっと、mifaさんはもっと寂しいのでしょう。
でも、そう思ってくれる人がいるというのは、
ちょびたんにとって幸せなことなのだと思います。
しばらくは寂しいでしょうけど、どうぞ少しずつ元気を出して下さいね。
見守っています。

そして、ちょびたん、
たくさん可愛い姿を見せてくれてありがとう。
ゆっくり休んでね。

ちょびたんの事、突然でびっくりしました・・・。
お薬の量が段々合ってきてるって聞いていたので。
小さな子達とのお別れって、突然なことが多いですね。

でも、ちょびたん頑張ったと思います。
一人で逝かせちゃったんじゃないと思いますよ。
ちょびたん、きっとmifaさんが寝たのを感じて
そっとお空に旅立ったのかもしれません。
mifaさんが悲しむとお別れし辛かったのかも・・・。
こんなに大事に赤ちゃんの頃から育てた子とのお別れは
本当に辛いと思います。

mifaさん、演奏会頑張りましたね。
きっと、ちょびたんお空から見守ってくれていたと思います。
ちょろたんはやはり何かを感じたんでしょうね。
私もハムスターの兄弟ちゃんで飼っていましたが
先にいなくなった子の事、とっても探していました。
ちゃんと判るんですね・・・。

他の子よりも早いお別れになってしまったかもですが、
mifaさんの「生まれて来てくれてありがとう」
「とっても楽しかったな・・・。」って言葉でちょびたん、
幸せだったんだろうな―――と、感じます。

ちょびたんの可愛い姿と頑張り、私も見習いたいです。
ありがとうね、ちょびたんv-22

ちょびたんちゃん・・・そだったんですか
冒頭の書き出しをみてにんまりだったのが
突然のちょびたんちゃんの急変そして
あああ・・・・言葉になりません
mifaさん、おつらいでしょうね
わたしもつらいです

でもでも、おうちのお子記念まで待っていてくれた
ちょびたんちゃんはすごいと思いました!
写真のちょびたんちゃん、かわいらしいです
いつまでもご家族のみなさんのそばにいてくれることでしょう
ちっちゃくておめめまんまるでかわいらしいちょびたんちゃんはね

ちょびたんちゃん、雨降りだけど
お空で自由に滑空してくれていますね☆

★ 号泣

スマホに変えてから使いこなせなくて久々にアクセス。他人事とは思えなくて号泣してます。我が家のお姫様達にも、いつかは訪れるんだね…
そんな運命の日まで、いままで以上に溺愛して大切にしたいと思います。
 

他人だから、今の悲しい気持ちをどこまで共感できるかわからないし、どんな慰めも時間と忘却という妙薬にはかなわないけど、元気だしてください

また可愛い宝物達の癒されるブログ楽しみにしてませ

mifaさんお久しぶりです。ちょびたん…残念です。悲しいです。
プラムはきょろたん達と同い歳だからいつもとても親近感をもって我が子の成長と同じようにお互い七歳だけど頑張ろうねって気持ちでいつもブログを見させていただいていていたので、病気をしていたとはいってもちょびたんが旅立つなんて思いもしなかったので私もとてもショックでした。
そんなことがあっての演奏会…苦しかったですよね…。お気持ちお察しします。
ちょびたんは怪我とか病気とか大変だったと思うけど本当によく頑張りましたね。
ちょびたん、たくさんかわいい姿を見せてくれて本当にありがとう。たくさん笑顔と癒しをもらいました。これからもずっと忘れないよ。

ちょびたんのご冥福をお祈りいたします。

びっくりしました。
低血糖はあったけど元気そうだったのに・・・
怪我しても頑張ったのに・・・

mifaさんの悲しみを思うと私まで辛くなるけど
片手で不自由だったからね~
今頃は目イッパイ滑空してると思うし
きっといつも傍にいてくれるんじゃないかしら?

生まれてからもう6年近く経つんだね~
その頃の事、よく覚えてるわ。

私もずっとずっと忘れない。
ちょびたん、今までありがとう。

突然のことで びっくり…
ちょびたん 旅立ってしまったのですね。
おケガにも 負けず
ちいちゃな体で いっぱい がんばってくれましたよね。
その 愛らしい姿 絶対 忘れないよ!
ご冥福を お祈りいたしますね。
mifaさん くれぐれも ごムリなさらずに… ねっ

★ ちょびたん頑張ったね

片手をなくしてから、ちょびたんのことがいつも気になってブログを定期的にのぞいていました。

mifaさん、とてもお辛いですね。
心中お察しします。

私は自分の子が亡くなった時、
mifaさんのブログにとても元気付けられました。

ちょびたんが片腕になった時に、
ストレスですぐに弱ってしまうのではないかと心配していたのですが、
mifaさんが大切に大切にされていたおかげで、ちょびたんはこんなに長く生きられたのだと思います。
mifaさんの愛情の賜物だと思いました。
ちょびたんはmifaさんに大切にされて幸せだったはずです。

これからも遺った子達を大切にされてください。
いつもコメントは残しませんが、更新するたび見て、みんなの元気な姿を見て癒されています。
いつも素敵なブログをありがとうございます。

これからも、mifaさんを応援しています。

久しぶりに来てみたら、突然の事に本当に
驚いています。
私が一番初めにお世話した子は手術に耐えられず
旅立ってしまったのでちょびたんが立派に乗り切って
くれた時は感激させてもらいました。
ちょびたんは可愛さだけじゃなく本当に色々な事を
教えてくれたと思います。

mifaさん少しは落ち着きましたか?
自分が一緒に過ごした子はいつか自分も旅立った時
必ず迎えに来てくれるそうですよ。
まだまだ先にはなりますがいつか再会出来ると信じて
乗り越えて行きましょうね!!!

ちょびたん今まで可愛い姿をありがとう。

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

> えきどなさん
コメントありがとうございます。
いつかはこんな日が来るとは思っていたけど、
あまりにも突然でまだ気持ちの整理が出来ません。
うちで初めて生まれた子だったし、
順番的にきょろたんとみにたんより先に旅立ってしまうなんて、
思いもしませんでした。
どんなに手を尽くしても後悔はするだろうけど、
せめて朝まで一緒にいてあげたかったです。

> つぶっこさん
コメントありがとうございます。
やっぱり、きょろたんとみにたんより先にというのが一番辛かったです。
みにたんに「助けてあげられなくてごめんね」って謝ったけど、
きっと分かってないだろうなぁ・・・
プラムちゃんの体調はいかがですか?
きょろたんも最近少し毛が薄くなったりして、
ちょっと歳取ったなぁと思うことがあります。
お互い長生きして欲しいですね。

> ここあさん
ありがとうございます。
お子様を亡くされたんですね。
私のブログが少しでもお役に立てたのかと思うと、
マイペースではあるけれど続けていて良かったと思います。
5人になってしまいましたが、これからもみんなの日常を
のんびりと書き続けていこうと思います。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

profile_kyoro2.jpg

きょろたん

2008年3月生まれ

2008年6月15日に家族になりました

 

みにたん

2008年8月中旬生まれ

2008年11月1日に家族になりました

 

きょろたんみにたんの子供達♪

2009年10月9日生まれの双子

ちょろたん

ちょびたん

2015年6月26日、虹の橋へ

 

2010年8月22日生まれの双子

のんたん

みこたん

 

mifa♀:飼い主&管理人

 

メールはこちら

 

☆当ブログに掲載されている画像等の無断転載・転用・二次配布は一切禁止します。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

最近の記事+コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
お友達リンク
掲載されました

モモンガ飼いになる

<誠文堂新光社>

 

女性セブンvol.36(2014/10/2号)

<小学館>

女性セブン2014vol.36(10月2日号)

 

ザ・モモンガ<誠文堂新光社>

お気に入りアイテム

【使用中のアイテム】

コーナーハウス

 

ココハウス

 

小動物用アリメペット

 

栄養補給ペースト

「スタミノール」

 

【使用中のケージ】

 

 

【使用中の蚊帳】

 


 

【使用中のカメラ等】

Nikon D7200

 

TAMRON SP AF17-50mm

F/2.8 XR DiⅡ VC

 

TAMRON SP AF18-270mm

F/3.5-6.3 DiⅡ VC PZD

 

TAMRON SP AF60mm

F/2 DiⅡ MACRO 1:1

 

AF-S DX NIKKOR

35mm F1.8G

 

SUNPAK PZ42X

 

カメラバッグ

 

 


 

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

C-Checker