うちのももんが

アメリカモモンガきょろみにファミリーの飼育日記

ミルク♪

ベビたん'sにミルクを飲ませてみました


写真は両手が塞がってたため撮れませんでした


まずはちっちゃい方のベビたん


ちょっとだけ飲んでくれました
baby30.jpg


まだお口からミルクがはみ出たままですjumee☆faceA107


この後、飼い主の軍手にお口を拭き拭きして、手の平の上でくったり・・・
baby31.jpg


おっきくなったら、飼い主の手の平でじっとしてることなんてなくなるんだろうなぁ・・・
baby32.jpg


こんな写真は今しか撮れませんねjumee☆faceA154
baby33.jpg


そして、おっきい方のベビたん
baby34.jpg


じたばたしてて、ミルクをあげてもぷいっとされてしまいましたjumee☆faceA76
baby35.jpg


今はお腹いっぱいなのかな?
baby36.jpg


また今度チャレンジしてみようっと
baby37.jpg


今、ベビたん'sの今後の事を考えています。


一つは、いつ頃からみにたんとベビたん'sを別々にしようかと言うこと。


アメモモちゃんは完全に離乳するまで約65日かかるそうですが、
ベタ慣れに育てる為には、生後6~8週目頃から母親に変わって人間がミルクをあげたり、
ベタ慣れ大作戦をやると良いらしいけど、もう既に生後7週目に入ってしまいました。
みにたんベタ慣れ大作戦の記事はこちら


時期的にはもう固形物も少しずつ食べられる頃なので、
母親から離して飼い主が育てても良いと思いますが、
まだまだみにたんは我が子を手放したくないようです


これくらいの時期の個体を売っているペットショップもあるみたいですが、
みにたんの様子を見ているとかわいそうな気がしてなかなか離す事が出来ません。


もう一つは、里子に出そうかうちに残そうかと言うこと。


うちの子にする場合はお名前も考えないといけないですねjumee☆faceA218b


ももんが王国にするのが飼い主の夢でしたが、現実的にどうかな?と思いました。


ケージ数が増えると当然飼い主も大変になってくるし、
みんなに目が届かなくなってしまうんじゃないか・・・とか、
また来年みにたんが出産したら・・・とか色々考えると、
1人だけでも里子に出した方が良いのでは?と思いました。


ケージ分けの問題もあるし、なかなか考えがまとまりません・・・


アメモモちゃんの場合、きちんとした飼育方法が確立されてないので手探りでやっていくしか
ありませんが、アメモモちゃんに限らず、小動物でこの様な経験のある方や知識のある方、
アドバイスいただければ嬉しいです


ベビたん'sが幸せになれる方法を模索中・・・

 

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

暫くの間、コメント欄を閉じることにしました。
ご用の方はメールフォームか拍手コメントをご利用下さい

コメント

うちでは、リスが出産しましたが。
自分から、餌を食べに出てくるまで 親からは離しませんでした。
その後、別にしましたが。
大きなゲージにして、♂♀で分けましたよ。

以後は、出産させずに 寿命をまっとうするで飼っていました。
養子に出すのも、ひとつの手段ですが。
以後出産させず、全て自分で育てるのも いいと思いますよ。

とっても迷う問題ですね。
貴重なアメモモちゃんならいい里親さんもすぐに
見つかるとは思いますが・・・
今後もみにたんが出産する予定があるのなら
成長する様を見るのも勉強になりそうなので
一人だけ里子に出すのも有りかもしれないですね。

インコでも犬でもそうですがベタ慣れにするために
みなさん心を鬼にして親離れさせてるみたいですね。
野生が強い子ほどいざ離すと
意外にあっさりあきらめをつけてくれるみたいですよ^^;

mifaさんはうちでは叶えられなかった夢を
実現してくれたのだから
手探り状態で大変でしょうけど頑張ってくださいね!!

そっか~、かわいい~!!だけじゃダメですもんね~。。。
いろいろ考えなきゃいけないことがあるんですね~。。。
う~ん、ファンとしては、このままベビたんを見ていたいですが、里子先で幸せに暮らしてくれるなら、それもいいですもんね!

こんにちは~♪
久しぶりの訪問になってしまったら、
まぁ~ベビたん’sの写真がたくさん(≧▽≦)

今後のこと悩みますよね、
じっくり考えて。。。と言えない成長の早さですもんね(--;)

でももうしばらくは、
かわいいさかりが見られそうで嬉しいです♪

昔ハムスターを飼ってたのだ
ベビーが生まれ
チョロチョロと出てくるようになったら
父親を攻撃し始めた
父親は、ある日、隅っこで死んでた
ショック
子供達に殺されたの
子供達を全部、別々のケージに入れて寿命を全うしたが
2度とハムスターは飼うまいと思った
難しいよ・・・
小動物は・・・
思い出したら心が痛いよ~
q(T▽Tq)(pT▽T)p

(^-^*)(。。*)ウンウン
親の気持ち考えると、なるべくソッとしておいてやりたいって気になるよね^^;

うちでは、新しくやってきたネズちゃたちは、基本的に全てオス・メス別に入れてて、オス同士でも仲の悪いのは別ハウスにしてて、風呂場とかで遊ばせてやる時にはたまに一緒に遊ばせてやったりしてますw

こないだ産まれた子供たちも、ネズミは一ヶ月半ぐらいで生殖可能とかどっかに書かれてたんで、それまで家族皆で仲良く遊んでたけど、2ヶ月目ぐらいにとりあえずオス・メス別に分けました。
(家族同士でも生殖行動取るのかどうかはわからないので、そのへんのことわかる人あったら、わたいも教えてほしいです。
ネズミさんの場合、常にお互いの臭い嗅いで確認し合ってるので、それで家族ってことはわかってると思うので・・・)

その後のおもしろい話もあるけど、そっちはまたもうちょっとしたらブログの方に書く予定してるもんで、今のとこ内緒にしておきますw

★ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ こんにちわー

はじめまして
海水魚や淡水魚など魚や小動物を飼ってます。
そろそろハムスターやフェレットから離れて
モモンガを飼育しようと思ってます。

小動物の親子ってかわいらしいですねー

私もハム★を飼っていましたけど~(-ω-;)う~ん?
貰い手があまりなくて、結局は最終的に11匹飼っていました。
(後、10匹以上はペットショップに里子へ。子供のウチに)

親とは時期が来ると(餌を自力で食べる頃)には、親も子供も
自立してしまって、大きくなるとケンカする事もありましたね(^-^;)
なので、相性が良い子同士、雄・雌に分けて…ケージ一時期は
8個も使って掃除が大変だった記憶が・・・?
様子を観て・・・とか、思っているとハムの場合↑のように
なっちゃいますね。

ただ、私の場合はジャンガリアンハムスターなので、アメモモ
ちゃんの場合はどうでしょうねヾ(・ω・`)ノ

ベビたんたちの可愛さに、ただただ喜んで見てたけど…
そぉですよね…今後の事を考えないきゃいけないんですね。
mifaさんが一生懸命考えて出した結論なら…
きっと皆が幸せになれると思いますよ!

mifaさんの手からミルクを飲むなんて可愛い~~
って言っている場合ではないんですよね。
これからどうするかって難しいですよね。
できれば、みんな一緒に飼いたい、でも、現実問題・・・
悩んじゃいますね~。
でも、mifaさんだったら飼えそうな気もしますが、たくさんになる大変ですもんね。
う~~ん。私も悩んじゃう。

応援ポチポチ

確かに現実問題は何かと大変ですね
mifaさんはしっかりとお世話してるから、ケージの数が増えればとられる時間も
かなりのものだと思いますしね・・・

親子とは言え雄雌一緒だと交配もしちゃうでしょうし・・・
ももんがさんは実際何歳くらいまで繁殖できるのでしょうね?

小動物って自然の摂理でどんな子でも数が増えそうよね・・・
もうしばらくじっくり考えて答えを出しても遅くないよね

ミルク、のんでくれたんだね。よかったねーー。
たしかに、バイバイするのはさみしいよね。でも、バイバイしても、ほかにかわいがってくれるヒトがいたら、ベビたんもしあわせになれるよね。うん。
ぽち。

難しい問題ですね・・・

ベビたんの成長をずっと見ていたいですけど
今後のことを考えると里子に出すのも一つの方法ですね
みんなのことを思うがゆえに悩みますね。。。

ちっちゃい方のベビィちゃんは「くったり・・・」なんですね。
写真だけ見ると、mifaさんに甘えて「ギュっ。」としているいるように見えました♪
自分の手からミルクを飲んでくれている時って、ムチャクチャ可愛くて「愛おしい~っ!」という感じなんだろうなぁ。 ^^
想像するだけど「メロメロ」になってしまいます。 >_<T

みにたんが1人だけで「子育て」を・・・というワケではないんですね。
お母さんと一緒だと、お母さんオンリーで子育てをするのかと思い込んでいたんですけど、慣れてくれる事とかも考えなきゃなんだぁ! @_@

★ 皆様へ(⌒∇⌒)

コメントありがとうございます!
皆様からのコメント、大変楽しく読ませていただいてます(⌒∇⌒)
まとめてのお返事でごめんなさい。
全ての方に個別にお返事できなくてすみません<(_ _)>

貴重なご意見、ありがとうございました<(_ _)>
皆様からのコメントは、ホントに心の支えになっています。
これからよく考えて、考えがまとまったら記事にしていきたいと思います。
ホントにホントにありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

profile_kyoro2.jpg

きょろたん

2008年3月生まれ

2008年6月15日に家族になりました

 

みにたん

2008年8月中旬生まれ

2008年11月1日に家族になりました

 

きょろたんみにたんの子供達♪

2009年10月9日生まれの双子

ちょろたん

ちょびたん

2015年6月26日、虹の橋へ

 

2010年8月22日生まれの双子

のんたん

みこたん

 

mifa♀:飼い主&管理人

 

メールはこちら

 

☆当ブログに掲載されている画像等の無断転載・転用・二次配布は一切禁止します。

Instagram
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

最近の記事+コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
お友達リンク
掲載されました

モモンガ飼いになる

<誠文堂新光社>

 

女性セブンvol.36(2014/10/2号)

<小学館>

女性セブン2014vol.36(10月2日号)

 

ザ・モモンガ<誠文堂新光社>

お気に入りアイテム

【使用中のアイテム】

コーナーハウス

 

ココハウス

 

小動物用アリメペット

 

栄養補給ペースト

「スタミノール」

 

【使用中のケージ】

 

 

【使用中の蚊帳】

 


 

【使用中のカメラ等】

Nikon D7200

 

TAMRON SP AF17-50mm

F/2.8 XR DiⅡ VC

 

TAMRON SP AF18-270mm

F/3.5-6.3 DiⅡ VC PZD

 

TAMRON SP AF60mm

F/2 DiⅡ MACRO 1:1

 

AF-S DX NIKKOR

35mm F1.8G

 

SUNPAK PZ42X

 

カメラバッグ

 

 


 

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

C-Checker